第159回 野尻愛宕神社その2 廃道突入〜神社到着まで

  • 2014.12.19 Friday
  • 03:14
その1
その2 ←いまここ
その3
その4
その5

【訪問日】2014/04/29
【地図】

13.JPG
名取川の渡河点まで来たはいいものの、対岸の崖に道が見当たらない…
さて、どうしたものか?
 
1.png
こんなこともあろうかと!
小屋楯山の北側のほうを通る廃道のほうも下見の時点でチェックしておきました。その結果、廃道にも橋は無いものの山の西側を流れる穴堂沢(穴戸沢とも)は名取川よりも水深、水量が少ないため渡河も簡単そうだということが分かりました。
というわけで、廃道側から神社にアプローチを仕掛けます。

※今回は廃道を辿るだけなので、早く神社を見たい方はその3へどうぞ
 

※併せて地図(グーグルマップ)をご覧いただくとわかりやすいかもしれません

2.JPG
廃道の入り口に到着。ここに車を停め、胴長を装備します。胴長といっても腿までしか無いものですが。
こんなところなんて誰もいないと思っていたのですが、停めた車の脇を釣り人がすり抜けて行ったり、三脚を立てて西側の山に黙ってカメラを構えてる人がいたりした(何か動物でも狙っていたのでしょうか)ので、意外と知られている場所なのかもしれません。

3.JPG
それでは探索開始。灌木に引っかかりながら廃道を進みます。

4.JPG
廃道の路肩には延々と石垣が築かれていました。この林道はいつごろ廃止されたものなのでしょうか。

7.JPG
しばらく廃道を進むと藪に阻まれ進めなくなるので、そこから河原に下りて少し川を遡ります。ここが穴堂沢の渡河点です。

8.JPG
なるべく水深の浅いところを選んで渡渉します。このくらいの水深でも簡単に流れに足を取られてしまい、転びそうになってしまいました。

9.JPG
車の脇を通って行った釣り人さん。
ここが林道の橋の跡で、川の流れに洗われている大きなコンクリートの塊がおそらく橋脚。そのすぐ左のものは橋脚の土台でしょうか(橋台の有無は確認せず)。これが架かったままだったら楽だったのに…

10.JPG
橋の跡を廃道上から見るとこのような感じ。

11.JPG
渡河点のすぐ上流には堤体が破壊された砂防ダムの跡があります。


さて、それでは恐る恐る渡河後の廃道を見てみると…


12.JPG
おお、これならいけるやん!というのが第一印象。写真では木々のせいで進みづらそうに見えますが、木々の間をすり抜けて進むのは意外と容易。もっと薮が茂っている状況を想定していたので、これには助かりました。
写真の奥に向かって廃道を進みます。

蕨が至る所に生えている廃道を進んで行くと、最初のヘアピンカーブにたどり着きます。

13.JPG

13 - コピー.JPG
写真だけみても廃道の状況が分かりづらいので色を塗って補足。薄く黄色に塗られている部分が廃道跡です。神社への道は途中に4か所のヘアピンカーブがあります。

14.JPG

14 - コピー.JPG
2か所目のヘアピンカーブ。大きな倒木が行く手を阻んでいたので、カーブの内側を登ってショートカットします。

15.JPG
朽ちたビール缶が捨てられていました。これはいつの年代のものでしょう?調べてもわかりませんでした。

16.JPG
廃道の状況はあまり変わらず、勢いに任せてどんどん進んで行きます。

17.JPG

17 - コピー.JPG
3か所目のヘアピンカーブ。ここは廃道跡がわかりやすいですね。

18.JPG

18 - コピー.JPG
さて、4か所目のヘアピンカーブまで来ました。このカーブの内側から、小屋楯山の尾根に飛びつきます。

19.JPG
尾根の上のひたすら進みます。

20.JPG
進む方向の左側に小屋楯山の山体が見えてきました。

21.JPG
尾根道はこれといったアップダウンがありませんでしたが、ここから急な坂に変わります。足場がある場所を選びながら登っていきます。

22.JPG
斜面をよじ登るように進んで行くと14号対空電探NHKのアンテナが見えてきます。ここまでくればあと少し!

23.JPG
写真中央に見えるもの、あれが神社か!?

24.JPG
ついに愛宕神社に到着!!

 その3へ→
コメント
時折拝見しておりました。自分では行けない秘境のような場所にある神社の記事は、とても興味深かったです。その3以降を楽しみにしております。
  • kankyo
  • 2015/03/21 12:39 PM
>>kankyoさん
コメントありがとうございます。返信が非常に遅くなりまして申し訳ありません。

こちらこそ当ブログをご覧いただき本当にありがとうございます。やっとその5まで更新しましたので、そちらも見ていただければ幸いです。
  • ひとめぼれ
  • 2015/07/26 11:03 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM