第161回 野尻愛宕神社その4 無事に帰るまでが神社探訪です

  • 2015.04.17 Friday
  • 02:00
その1
その2
その3
その4←いまここ
その5

【訪問日】2014/04/29
【地図】

8.JPG
野尻愛宕神社から伸びる参道。今回はちゃんと参道を辿っての帰還を目指します。

 
0.png
地図のおさらい。参道を辿る上での最大の問題は、やはり名取川を渡渉できるかどうか。その1での下見ではちょっと渡河は無理そうでしたが、まぁダメなら大人しく戻って来た道を帰るだけだし…構わずGO!
 

1.JPG
愛宕神社に帰路の安全を祈願し、名残惜しくも下山を開始。
神社が見えないところまで来ると、参道は急斜面のすぐ上を進みます。

2.JPG
参道から急斜面の下を見る。うっかり転げ落ちたら木に激突して骨とか折りそうだ…
試しに近くにあった大きめの石を落としてみると、勢いよく転がっていきあっという間に見えなくなってしまいました。

3.JPG
黄色い杭がある場所で参道は左に向きを変え、下り坂になります。この杭はNHKのもので、どうやら参道の下にケーブルが埋められているようです。途中まではこの杭が参道を辿る目印になります。

4.JPG
真っ直ぐに山の斜面を下る参道。この写真では分かりづらいかもしれませんが、まさに「猛烈な勾配」という言葉がぴったりの下りです。少なくとも角度が45度ぐらいはありそう。

5.JPG
下っている途中に振り返って撮影。この杭を基準に見ていただければ、どのくらい勾配が急かわかるはず…

6.JPG
急勾配の下りが終わると、参道は杉林の中に入っていきます。写真中央の杭の所で参道は左に折れます。杭が参道の目印になるのはここまで。

7.JPG
杉林の中に入ると枯葉のせいで参道がどこだかはっきりわからなくなりますが、基本的に一直線に下っていけば大丈夫でした。

8.JPG
これ、ちゃんと名取川を渡河して来てたら道に迷ってたんじゃないかなぁ…参道なんてまったくわからん。

9.JPG
やっと平地がある場所まで山を下りきりました。が、相変わらず道がよくわからない。とりあえず道っぽい場所を進んで行きます。


多分こっちだろうな…と考えながら杉の木々の間を進みます。

10.JPG
水の無い沢に突き当たる地点で右に折れます。ここまで来ると川の流れる音が聞こえてきました。

11.JPG
おお、川の水面が見えたぞ!
はやる気持ちを抑えて水の無い沢の岩場を慎重に下ります。この岩場は本当に急で滑りやすく苦労しました。下りだから多少はマシなのですが、ここを登るとなると厳しいと思います。

12.JPG
やっと名取川の川べりまで辿り着きました。ここまで神社からどれくらいかかったかよく覚えていない…

13.JPG
ちなみにこの場所には、登山口の目印となる赤いビニールテープが木の枝に巻かれています(写真中央上)。

…こんなの対岸から見てもわからんわ。知っている人向けの目印なのですね。

14.JPG
少し上流のほうを見やると、渡るべき対岸が見えました。あそこは遥拝所の鳥居の真下にあたる場所ですね。下見で案内板に従って降りた河原です。

15.JPG
名取川の河原に降り立って下流のほうを見やる。

16.JPG
振り返って今下ってきた場所を確認。これは少なくとも登山口には見えないなぁ…岩場だし。こりゃあ対岸からわからんわけだわ。

17.JPG
登山口のすぐ下は川が若干深くなっているので、矢印のようなルートで登山口に取り付くといいようです。

18.JPG
さーて、それではいよいよメインイベントである渡渉に移りましょうかぁ…。
流れは穏やかに見えますが、川の真ん中あたりの水深と流速は油断なりません。

それではいざ…前進開始!

19.JPG
川の流れと水深、川底の状態を確認しながら牛歩のごとく慎重に進みます。
幸いにも川底はつまずいてしまうような場所はなさそう。
特に誰かに見られているわけでもなく、また急いでいるわけでもないのでとにかくゆっくり進みます。

慎重に…
慎重に…

………


20.JPG
川を渡り切ったぞー!!
思わずやった、と声を上げて喜ぶ私。
まさしく S 完全勝利 です!!

いやまあ、途中で水面が胴長の丈のギリギリまで来たときは腿から下がずぶ濡れになるのを覚悟して前進しましたけどね…
奇跡的に一切濡れずに川を渡渉することができました。

21.JPG
対岸から見ると、赤いマルをつけた位置が登山口になります。角度の問題もありますが、うん、やっぱり見てもわからん。

22.JPG
最後に改めてもう一度登山口を確認。やっぱりこれは知ってる人じゃないとわからん…




――以上で、野尻愛宕神社の探訪は終了になります。
渡渉、廃道歩き、登山、そしてまた渡渉。たったひとつの神社にお参りするだけなのに、これだけ苦労の味わうなんてことは後にも先にも無いことでしょう(多分)。

一応書いておきますが、もしこの神社を訪れる際には単独行を避け、必要な装備などをしっかり準備してください。私が言ってもあまり説得力はありませんけど。

ひとまず特に目立ったトラブルも無く無事帰還。改めて…
野尻愛宕神社、探訪終了!


いやぁ、やっぱりこういう場所があるから神社巡りは面白い…
 


次回は車まで戻るついでに2つの小社をご紹介します。

 その5へ→
コメント
まるで自分が参詣しているかのような臨場感あふれる素晴らしいルポルタージュをありがとうございます。楽しかったです。
しかしこの調子で紹介をお続けになれば、更新頻度は更に低下すること必至(笑)いつも楽しみにしておりますので、今後共よろしくお願いいたします。
  • caz3
  • 2015/04/17 1:48 PM
こんばんは
いつも楽しく拝見しております
私も神社めぐりが好きで休みの日に一人で仙台の神社を巡っております
自分なりに結構回ったつもりでしたが
まだまだ知られざる神社がたくさんあるんですね
ひとめぼれさんのサイトを見て先週実沢の熊野神社に行きました
これからも更新がんばってください
  • にせがね
  • 2015/07/05 7:33 PM
コメントありがとうございます。返信が非常に遅くなり大変申し訳ありません。

>>caz3さん
いつも当ブログをご覧いただきまして本当にありがとうございます。こちらこそこれからもよろしくお願いします!

更新頻度については…まぁその、許してください…

>>にせがねさん
励ましのお言葉、本当にありがとうございます!

意識して探してみると、仙台市内だけでも本当にたくさんの神社があるんですよね…。当ブログがにせがねさんの神社巡りに少しでもお役に立つことができましたら幸いです。
  • ひとめぼれ
  • 2015/07/26 11:37 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM